カゼインNa

カゼインNaとは・・・缶コーヒーなどに添加物表記があったので調べてみました。

カゼインとは、牛乳に含まれるタンパク質の一つで、

カゼインの食品添加物としての使用目的は、

食品にとろみをつける増粘剤
食品の栄養強化剤(タンパク質補助)
加工品の保水効果を高める安定剤・結着剤
など、さまざまな用途で使われる機会がとても多い添加物です。
(筋力アップのためのプロテインとして飲まれたりもします。)
プロテインはかなり危険な添加物が多い

カゼイン=タンパク質というと、一見とても健康そうなイメージですが、
実は牛乳アレルギーや乳製品アレルギーはこのカゼインが深く関わっています。

牛乳のタンパク質の8割を占めるカゼインは、粘り気も強く固まりやすい性質を持つため、
腸から栄養が吸収されにくく腐敗しやすい。

そして粒子が非常に小さいので、
腸壁を素通りして血管内に入り血液を汚していくためカゼインは
体から異物とみなされアレルギー反応を起こします。

牛乳アレルギー・乳製品アレルギー

この異物を体から出すために、皮膚からの排出の場合は湿疹やアトピー。
呼吸器からの排出の場合だと喘息と言われています。

牛乳アレルギーや乳製品アレルギーもこのカゼインによるもので
アナフィラキシーショックを引き起す危険性があります。



癌の原因にも

排出されず体内に蓄積される場合は、女性だと乳房に蓄積されやすく乳がんの原因に、
男性の場合は前立腺がんの原因と言われ、他にも大腸がん、白血病の発症リスクを高めるとも言われています。



子供の発育にも影響

言葉の遅れや意欲喪失、精神発達面にも害を及ぼすともされています。

アイスクリーム、ゼリー、食肉、魚肉練り製品、缶コーヒーなどに使われ、
また商品によって用途も様々です。

原材料名の表示は、カゼインナトリウム(乳由来)
やカゼインNa(乳成分由来)などと表記されます。

最も悪いカゼイン変性は、熟成チーズだそうです。

牛乳より分取したカゼイン自体は水に不溶である。
そこでカゼイン製造時の生カゼイン又は水に分散させたものにアルカリを加えて中和し、
ナトリウム塩として水溶性としたもので、カゼインより用途は広い。
ほとんどはオーストラリア、ニュージーランド等よりの輸入品である。
乳化剤、安定剤、たん白質強化の基材などとして、
乳製品類、アイスクリーム類、蓄肉加工品、水産加工品、パン類、菓子類など、広く使用されている。
「カゼイン」が胃の中に入ると、胃酸やタンパク質を分解する酵素(ペプシン)
のはたらきでいったん固まりますが、その後ゆっくりと確実に分解(消化)されます。

この記事へのコメント